未解読暗号「かわいいドーラのための暗号」とは?~「エニグマ(謎)変奏曲」の作曲家エドワード・エルガーが謎の暗号を書いた日 | 謎カレンダー

未解読暗号「かわいいドーラのための暗号」とは?~「エニグマ(謎)変奏曲」の作曲家エドワード・エルガーが謎の暗号を書いた日

7月14日
1897年にイギリスの作曲家エドワード・エルガーがドーラ・ペニーという女性にあてて書いた暗号化された手紙は3行87文字という短いものだった。しかし彼女は解読することができず、今日にいたるまで世界中のエルガー研究家も暗号愛好家も解読することができていない。





■作曲家エドワード・エルガーと「エニグマ(謎)変奏曲」


作曲家エドワード・エルガー(写真・1857-1934)イギリスの作曲家・指揮者で、経済面から専門的な音楽教育を受けることができず、独学によって作曲法を修得し、特にシューマン、ワーグナーに強い影響を受けたという。その彼を一躍有名にしたのが「エニグマ(謎)変奏曲」という曲だった。

「エニグマ」とはギリシア語で、「なぞなぞ」「謎かけ」「謎解き」といった意味である。
この変奏曲には2つのエニグマ(謎)が込められているという。第1のエニグマは「この変奏曲は、主題とは別の、作品中に現われない謎の主題も使われている」というエルガーの発言に基づいている。
「謎の主題」の意味を旋律(メロディ)であると解釈するなら、この謎は今も解けてはいない。


また、第2のエニグマは各変奏に付けられたイニシャルや略称などのことで、該当する人物ではほぼ判明しており、謎解きはすでにほとんど完了している。各変奏は、親しい友人たちへの真心のこもった肖像画となっており、この変奏曲は「作品中に描かれた友人たち」に献呈されている




第1変奏 L'istesso tempo "C.A.E."
第1変奏の"C.A.E."とは作曲者の愛妻キャロライン・アリス・エルガー(Caroline Alice Elgar)の頭文字を意味している。
このように第14変奏までにすべてイニシャルや略称が書かれており、それがすべて誰かを示しているのである。第13変奏以外のイニシャルはすべてどの人物が特定されているものの第13変奏に書いてあった"* * *"というのが誰を意味しているのか、未だに謎のままである。


■「かわいいドーラのための暗号」

このようにその作品にまで「暗号(謎)」を忍ばせる彼が、音楽以外にも面白いものを残している。
1897年にエルガーがドーラ・ペニーという女性にあてて書いた暗号化された手紙がある。
「かわいいドーラのための暗号(Dorabella Cipher)」として知られるいまだ未解読の暗号(写真)だ。



この「かわいいドーラのための暗号」は「いまだ解読されていない暗号」に挙げられるほどの、歴史的な暗号となる。3行87文字……という短いものだが、手紙を宛てられたドーラも解読することができず、また世界中のエルガー研究家も、暗号愛好家も、未だ解読することができていない。


Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム