フリーメイソンと米国議会の謎・「神を讃えよ!フリーメイソンは神に反する」と叫んで、米国議会の速記官が発狂した日 | 謎カレンダー

フリーメイソンと米国議会の謎・「神を讃えよ!フリーメイソンは神に反する」と叫んで、米国議会の速記官が発狂した日

10月16日
米政府の債務上限引き上げ法案の採決の最中に突然、速記官の女性が「神はあざけられることはない」などと叫び出すハプニングがあった。米メディア報道によるとこの速記官は17日、「聖霊に従った」と説明したという。


■米国議会の速記官が突然発狂?



2013年10月16日夜、米政府の連邦債務を引き上げて政府機関の一部閉鎖を解除するための法案の採決が行われていた。
そのとき、突然下院の演壇に上り、議員や職員らがあぜんと見つめる中、ある一人の女性が大声でこう叫び始めたのだ。

「神はあざけられることはない。神はあざけられることはない。
この場における最大の欺瞞は、この国が神の下にある1つの国ではないということだ。
そうだったことは一度もない」

■「米国憲法はフリーメイソンによって書かれたわけではない!




さらに、彼女(写真)はこう続けた。

「(米)憲法はフリーメーソンらによって書かれたわけではない。彼らは神に反する!」

この速記官は米メディアによってダイアン・リーディ氏と特定された。
リーディ速記官は他の職員によって退場させられ、米首都警察に連行された。報道によれば、速記官はエレベーターへと誘導される際、さらに「2人の主人に仕えることはできない。神をたたえよ!主なるイエス・キリストは永遠に世を治める」と叫んだという。


首都警察によると、速記官は事情聴取を受けたが逮捕はされなかった。その後、経過をみるため病院へ連れて行かれたもようだという。事件後、精神鑑定のため精神病院に送られたReidyは二人の子供を持つ平凡な主婦であった。
一体なぜこんなことが起きたのか?

■これらの言葉は”精霊”が言わせた?



なぜ彼女はこんなことを口走ったのか?
この速記官は17日、「聖霊に従った」と説明したという。ツイッターへの投稿で、リーディ速記官が「聖霊が夜中に私を起こして、議会に神のお告げを伝えよとささやくんです」と語っていたことや、議会で行動を起こすのは「気が進まず疑念もあった」が、そうせざるを得ないと感じていたことなどを明かしている。
また、Reidyは、あるメディアとのインタビューで、二週間以上の間、聖霊様が夜中に私を起こして祈るように、議会でメッセージを伝達するようにと言葉を与えられたと証言している。

■すべては計画された通りだったのか?


メリカを支配するフリーメーソンの正体を暴露したことで有名になったこの、Diane Reidyの事件。マスコミが連日大きく取り上げていく中で、事件そのものが、「操作(計画)されたのではないか?」という主張が出ている。

というのも、メディアで紹介された(編集した)映像(下記)を見ると、 Diane Reidyが警備員に
巻き込まれて壇上のマイクから遠ざかっているときにも、声が小さくならないことが確認でき、細かく聞くと、途中で"チンチン"と鳴るエレベーターの音も確認することができる。


▼実際の映像

しかも最初に紹介された映像には出てこなかったDiane Reidyの音声が、編集された映像でははっきりと聞こえている。つまり、警備員たちに捕らえられながらエレベーターの前で彼女が言った言葉を編集して差し込んだのではないかと言われているのだ。

■速記官はマインドコントロールされていた?


更に疑惑を深める要因として「ある男の存在」が確認されている。(画像白髪の男)
動画の中ではリーディ速記官は初め向かい合った白髪の男となごやかに会話しているが、男が二度ほど彼女にうなづいた後に突然立ち上がり、トランス状態になって演台へ向かっている。
男はその後を見ようともせず携帯で文字メールを送信している姿が捉えられている(画像下)。その態度は「まるでこれから起こることを知っていたみたいだ」。この動画ではさらに、リーディ速記官の後側に着席していた黒人男性の行動もおかしいとしている。



しかもおかしなことに米メディアは、はじめに彼女が演台で叫んだ「憲法はフリーメーソンによって書かれたものではない」などの言葉を一切報道しなかった。メディアが伝えたのは、その後彼女がガードマンらに連れ去られ、エレベーターに押し込められる前に叫んだ言葉の方だという。しかもこの言葉は、あとから差し替えられている可能性が高いのだ。
このような事実によって、この事件全体が「計画されたとおりのもの」という疑惑が起こっているのである。

■フリーメイソンと米国議会


「フリーメーソン」は起源を中世にまでさかのぼる友愛組織で、米合衆国憲法に署名した39人のうち13人が所属していた。

<フリーメイソンと考えられている歴代米国大統領>



  • ジョージ・ワシントン(1732年生、1752年11月4日入会) - 初代大統領(1789年-1797年)※画像(上)はフリーメイソンの服をきて聖書を前に立つジョージ・ワシントンこの服装はマスターメイソンのものである。
  • ジェームズ・モンロー(1758年生、1775年11月9日入会) - 第5代大統領(1817年-1825年)
  • アンドリュー・ジャクソン(1767年生) - 第7代大統領(1829年-1837年)。
  • ジェームズ・ブキャナン(1791年生、1816年12月入会)- 第15代大統領(1857年-1861年)。
  • ジェームズ・ポーク(1795年生、1820年6月5日入会)- 第11代大統領(1845年-1849年)。
  • アンドリュー・ジョンソン(1808年生、1851年5月5日入会)- 第17代大統領(1865年-1869年)。
  • ジェームズ・ガーフィールド(1831年生、1861年11月19日入会)- 第20代大統領(1881年-1881年)。
  • ウィリアム・マッキンリー(1843年生、1865年5月1日入会)- 第25代大統領(1897年-1901年)。
  • ウィリアム・タフト(1857年生、1909年2月18日入会)- 第27代大統領(1909年-1913年)。
  • セオドア・ルーズベルト(1858年生、1901年1月2日入会)メイソンの服装のセオドア・ルーズベルト(下)

  • ウォレン・ハーディング(1865年生、1901年6月28日入会)[ - 第29代大統領(1921年-1923年)。
  • フランクリン・ルーズベルト(1882年生、1911年10月11日入会)- 第32代大統領(1933年-1945年)。
  • ハリー・S・トルーマン(1884年生、1909年2月9日入会) - 第33代大統領(1945年-1953年)。
  • リンドン・ジョンソン(1908年生、1937年10月30日入会) - 第36代大統領(1963年-1969年)。
  • ジェラルド・フォード(1913年生、1949年9月30日入会)- 第38代大統領(1974年-1977年)。



なお大統領官邸「ホワイトハウス」(上)の設計者のジェームズ・ホーバンフリーメイソンであるといわれている。

果たして事件の真相は?



Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム