その謎の足あとは本当に悪魔のものだったのか?~イギリスの「デヴォンジャーの悪魔」の足あとが見つかった日 | 謎カレンダー

その謎の足あとは本当に悪魔のものだったのか?~イギリスの「デヴォンジャーの悪魔」の足あとが見つかった日

2月8日
1855年2月8日の朝、イングランドのデヴォンシャーに雪が積もった。
トップシャム村の小学校校長は、白銀の世界となった自宅玄関の前に奇妙なモノがあることに気付いた。玄関の前の雪の上に、足あとが残っている。馬の蹄のあとだろうと最初は気にもとめなかったが、ふと違和感を覚えてもう一度足あとを確認すると、校長は愕然とした。

その足あとは「一直線に」並んでいたのだ。こうしてこの不思議な足あとは、イギリスでも大々的に取り上げられる一大事件となる。果たしてこの足あとの正体とは?



不思議な雪の上の足あと


1855年2月8日。早朝。
デヴォンシャー州トップジャムの小学校校長は表に出てある異常に気づいた。不思議な足あとは玄関の前の雪の上につづいている。

馬のひづめの跡のようにも見えたので、最初は蹄鉄を打った馬の足跡かと思ったが、何かがおかしい。馬や蹄のある動物なら4本足のはずだが、この足跡の主は明らかに2本足で歩いている。
しかもまっすぐに整然と一直線に足跡は続いているのだ。動物が歩いたならば、足跡は2列となるはず。

しかも驚くことに、この足あとは障害物があってもかまわずに進んでいた。
足跡が高い塀にぶつかると、その塀がなかったかのように塀の向こうまで続いている。
家屋にも突き当たると、その足跡は2階建て家屋の屋根に足跡を残していた。

                  
足跡は長さ10cm、間隔は20cm程度ではっきり雪の上、壁、屋根に残っていた。
干し草の山も同じ、この足跡の主には障害物など関係ないらしい。
そしてさらに驚くべきことに、その足跡の主は一晩で60km近く(100マイル=160キロとする説もある)も歩いたとされる。付近の町でも同じ様な足跡が発見されたのだ。


事件から数日後、同年2月16日付の『ロンドンタイムズ紙』がこの事件のことを報じている。(写真真ん中)

「2月8日、朝。デヴォンシャー地方の人々は外に出て、皆一様に驚きに目をみはった。
雪が降り止んだ跡に、見たこともない奇怪な足跡が発見されたからだ。
何者ともわからぬ足跡は長さ10センチ、幅約7.5センチで、ロバか馬のヒヅメに似て、歩幅はほぼ21センチだった。
一連の奇妙な足跡はトップシャムからラインプストーン、エクスマウス、ティンマス、ドーリッシュの町々にもおよんでいた。」

「デヴォンジャーの悪魔」


ヤギのようなひづめを持ち、コウモリのような羽も生えている動物、と言えば欧米では悪魔を思い浮かべる。そのためにこの足跡の主は「デヴォンシャーの悪魔」と呼ばれるようになった。
その足跡が家の中をのぞき込むように残されていたことでも、人々は恐れおののいたという。

当時も原因究明にむけた動きがあった。
牧師でアマチュア動物学者でもあるG・マスグレード氏が新聞に詳細なレポートを発表している。
牧師は点々と続くそれらを正確にスケッチし、次に定規で測り、できるかぎり追跡もしてみた。
しかし、それでも解明にはいたらなかった。

なにより、科学の発達した現代になっても、この足跡を残したモノが依然として特定できていないのだ。

はたして足あとの主は何なのか?


この足あとの主について、様々な説がその後提唱された。
「動物説」。たとえばアナグマは前後の足が重なり合う歩き方をするので、足跡が一直線になるという。しかし、塀を飛び越えるほどの跳躍力がないとされる。
「熱気球から垂れ下がったロープ説」その夜、人の管理を離れた熱気球がカゴからロープ(その先には蹄鉄型の金具がぶら下がっていた)を垂らしてデヴォンシャー上空を飛び回り、奇妙な足跡をつけて回ったとする、などがあげられた。

また、後年になってジプシーたちが「やったのは我々だ」と公言している。
彼らの主張によれば、あれはライバルのグループをデヴォンシャー周辺から追い出すために行った謀略だったのだという。「準備には1年半を必要とし、段梯子と400セットの竹馬を使用した」
と彼らは言う。
これは『ムーロが歩いた夜』として彼らのグループ内でいまだに記憶されているそうだ。ムーロとは彼らの表現による悪魔ということらしい。

現代に蘇った「デヴォンジャーの悪魔」?


2009年3月12日、事件から150年近くたって、デボンシャーにまたそれらしき足あとが現れたという。
このときは、専門の動物学者が悪魔ではなく、鹿かうさぎがつけたものではないか?と結論づけている。実際の写真は驚くほど1855年に目撃された足あとに似ている。

果たして真相は?






Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム