史上最大のTV電波ジャック事件 「マックス・ヘッドルーム事件」は何故起きたのか~未だ明かされていない謎の”犯人”のヒントとは? | 謎カレンダー

史上最大のTV電波ジャック事件 「マックス・ヘッドルーム事件」は何故起きたのか~未だ明かされていない謎の”犯人”のヒントとは?

11月22日
1987年のこの日、今なお ”史上最大の電波ジャック”といわれる事件が、米・シカゴのテレビ番組で起こった。
ニュース番組の途中で突然画面が切り替わり、謎の男が語りかける映像が流れたのだ。

その映像に現れたのはイギリスの音楽番組のバーチャル司会者であるCGキャラクター「マックス・ヘッドルーム」だった(写真下)。

その後、「マックス・ヘッドルーム事件」として名を馳せる、この史上最大の電波ジャック事件は、
一体なぜ起きたのか?そして、その犯人とは?



午後9時16分、事件は突然起こった


1987年11月22日午後9時16分、

シカゴのWGN-TVが放送する「The Nine O'Clock News」で突如として映像が途切れ、サングラスをかけたマスクの男(写真上)が不気味に笑いかける映像が流れた。


この不気味なマスクのキャラクターは、イギリス「チャンネル4」が製作したCGキャラ「マックス・ヘッドルーム」。


ニュースの途中で突然始まった、この不思議な映像にシカゴ市民はもちろんのこと、番組関係者も驚いたという。


▲マックス・ヘッドルームによる1回目の電波ジャック(実際の映像)

ニュースのコメンテーターだったダン・ローン(動画)はその映像が終わると「何が起こったかと思ったでしょう?私もですよ。」とコメントしているのが、現場の混乱ぶりを表わしている。

しかし、この謎のCGキャラクターの電波ジャックは1回では終わらなかった。

2回目の電波ジャックが起こる


ニュース放送後の2時間後の午後11時15分、

今度は放送中の人気ドラマ「ドクター・フー」の途中で突然番組が切り替わり、またしてもマックス・ヘッドルームによる電波ジャックが行われた。

今度は先ほどよりも長い、1分22秒に及ぶ電波ジャックだった。



放送局ではこの謎の映像が流れてから、視聴者からの電話が鳴り止まなかったという。

この放送事故は、翌日の全米各局のニュース番組にこぞって取り上げられ、「VIDEO PIRATE」と名付けられた謎のマスク男は世間の注目を一身に集めることになった。

「マックス・ヘッドルーム」とは誰なのか?


電波ジャックを果たした、謎のマスクの男がかぶっていたのは「マックス・ヘッドルーム」。

このキャラクターは1984年に、イギリス「チャンネル4」の音楽番組のバーチャル司会者として登場したCGキャラクターだ。俳優マット・フリューワーをモデルとしているされ、同年映画化された。1986年にはコカ・コーラの100周年記念のCMのキャラクターともなっている。


ストーリーは、”20分後の未来”が舞台。
そこは電源スイッチのない、”つきっ放しのテレビ”が存在していた。そのテレビを消すと法律で罰せられることになっている。
政治経済などあらゆる物事がテレビの視聴率によって決定される世界でもあり、数千のテレビネットワークが存在し視聴率を競っている、という世界が舞台なのだ。

その世界では、人々がテレビに依存し、またものごともテレビを基準として動く社会を演出するために、無造作にTVセットが積み上げられて常に人々はテレビに依存した生活をしている。


また世界は数多くのテレビカメラによって常に監視されており、テレビ受像機ですら双方向で資料者を撮影しているという設定になっている。
この設定により、テレビ局内の世界中にあるテレビカメラやデータベースに、自由に”ハッキング”できる技量がある”コントロール”がレポーターに警備員の数を教えたり、取材対象の位置などの情報を教えて、突撃取材のガイドをする、ということになっている。

FBIによる捜査が始まる

▲実際の捜査資料より

アメリカの放送電波規制に責任を持つ連邦通信委員会(FCC)とFBIは、ただちに捜査を開始した。

すると、マックス・ヘッドルームによる電波ジャックは、放送に対する専門的知識を持つ者による犯行であることが判明する。
ハイジャック犯は、放送局ビルの送信機を混乱させて、自身の信号を送信させることに成功していたとことが明らかになったのだ。

FBIは、「犯人は技術に精通した人物、おそらくは放送技術者である」と断定したものの確たる証拠をつかむことはできなかった。

マックス・ヘッドルーム事件のFBI捜査報告書をまとめたマイケル・マルコス氏は当時を振り返り、

「マックス・ヘッドルーム事件は、人が死んだわけではなく損害らしい損害もなかったため危険性は高く評価されず、捜査のリソースが少なすぎた」と語っているという。

一体犯人は誰なのか?


クラシック・シカゴテレビ・ミュージアムの創立者であるリック・クライン氏は、WEB上で犯人探しを今も続けている。

事件当時13歳だった彼は、事件を録画したビデオテープをワクワクしながら何度も再生したという
さらに、クライン氏は、マックス・ヘッドルーム事件のムービーをYouTubeにアップロードしたところ、現在までに200万回以上再生されており、いまだに事件に対する関心が大きいことが明らかになっている。

有力な証言が現れる



そんな中、最近話題になった情報源があった。ボウイ・J・ポーグと言うハンドルネームのプログラマーの奇妙な体験談だ。

ポーグ氏は、マックス・ヘッドルーム事件が起きた当時、よく地元シカゴのハッカーの集いに参加していて、そこでJとKと名乗る兄弟と出会ったという。

電話会社で働いているという社交的な兄Kと、対照的な内に閉じこもるタイプの弟Jは、色眼鏡をかけた異様な姿で話し方も個性的だったが、非常に知的で電波や電子工学に対する膨大な知識を有していたという。



マックス・ヘッドルーム事件が起こった日、ポーグは、K・J兄弟のアパートで開催されたハッカーの集会に参加していた。

すると弟・Jの周りに人が集まっていたが、なぜそんなに盛り上がっているのかはわからなかった。終わってから兄・Kにその話題について尋ねると、
「今夜遅くまで11チャンネルを見ておくんだよ」とだけ告げられたという。

11チャンネルに現れたマックス・ヘッドルームを見たときに、ポーグ少年はそれがJの仕業であるとすぐに分かったと言う。



事件を調べているクライン氏は、ポーグ氏の投稿は何も事実を証明するものがないことから取るに足らない情報だとしつつも、このような犯人に関する情報を大歓迎しているという。

クライン氏は、恐らく犯人はテレビ関係者であるとしつつ、「事件当時は、うかつなことを話せば職を失いかねないという危機感から秘密が漏れてこなかったとしても不思議ではありません。私はこのミステリーが解決できると信じています」と語っている。

はたして、犯人が明かされる日は来るのか?

Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム