この2つの暗号が解けたらすぐにFBIに連絡を!殺害された謎の男性が持っていた2枚の暗号メモと、「ゾディアック事件」の暗号の真相とは | 謎カレンダー

この2つの暗号が解けたらすぐにFBIに連絡を!殺害された謎の男性が持っていた2枚の暗号メモと、「ゾディアック事件」の暗号の真相とは

6月30日
1999年のこの日、一人の男がアメリカ・ミズーリ州セントルイスで殺されているのが発見された。
男の名前は、リッキー・マコーミック。

彼は2枚のメモ書きを残していたという。
しかし、このメモは暗号で書かれており、FBIの暗号解読班によっても、その暗号を解くことはできなかった。そこで、FBIはそれを解ける者を一般からも募っているという。

実は1970年代に起きたある有名な事件でも、FBIは公に協力を求めている。それが「ゾディアック事件」と呼ばれる、いまだに未解決のままの連続殺人事件だ。

果たして、これら2つの事件の暗号には、一体何が書かれていたのか?



リッキー・マコーミック事件とは

▲殺害されたリッキー・マコーミック

1999年6月30日、ミズーリ州セントルイスでリッキー・マコーミックという41歳の男性が殺害される事件が発生した。
殺害されて畑に遺棄された彼の遺体をセントルイスの保安官が発見。ズボンのポケットには2枚の暗号メモが入っていたという。

マコーミック氏は学歴こそ高校中退だが、周囲からは「非常に賢い人物だった」といわれていた。

家族によれば、暗号メモは彼が子どもの頃からずっとつけていたものだった。
調べによると最後に彼がメモを書いたのは亡くなる3日前。
家族では誰も解読方法を知らず、また、彼以外に読める人がいるかどうかも知らないとのことだった。

この事件ははじめ、容疑者らしき人物もおらず、マコーミック氏には殺される理由もなく、また同氏がいくつかの病気を患っていたこともあり、最初は殺人とは考えられていなかった。

しかし2011年になって、FBIは同事件に殺人の疑いがあると発表。この暗号メモを公開して協力を求めることとなった。

FBIも解けなかった暗号

▲リッチー・マコーミックの暗号文1枚目

FBIの暗号解析班のダン・オルソン主任は「暗号を解析するためには、その暗号と比較対照可能な文章を用いて解いていくというのが通常のやり方です。……あるいは、誰かが新たな読み方のアイデアを閃くか、ですが・・・。」と語っている。

▲ロゼッタ・ストーン

たとえば、暗号解読の例としてあげられるロゼッタ・ストーン(写真上)はギリシャ語(コイネー)とエジプト語神聖文字(ヒエログリフ)、エジプト語民衆文字(デモティック)の3種類の文字で同じ内容が書かれており、コイネーは読むことができたことから、ヒエログリフとデモティックが解読されるきっかけとなった。

しかし、今回の場合、マコーミック氏の暗号と対照させられるようなサンプルが存在しないことから、FBIでも解読ができずに困り果て、とうとう広く助けを求めることになったという。

▲リッキー・マコーミックの暗合2枚目

「標準的なアプローチでは行き詰まった」というこの暗号、FBIによると「内容が日用品リストであれラブレターであれ一向に構わない。我々にとって未知の暗号システムについて知りたい」のだという。

このようにFBIが謎の暗号解読を広く一般に求めたのは、実は1970年代に起きたある事件以来なのだという。
その事件こそ、「ゾディアック事件」と呼ばれる、いまだ未解決の連続殺人事件だ。

FBIにも解けなかった暗号その2:「ゾディアック事件」とは


「ゾディアック事件」とは、1968年から1974年のサンフランシスコで警察が確認できただけでも、被害者5名が連続して殺害された事件のことだ。
連続殺人事件というだけでなく、犯人からの犯行声明文や警察への電話など、犯人が派手なパフォーマンスを行ったことでも有名で、史上初のマスコミ劇場型連続殺人事件とも言われている。

最初の事件は1968年12月20日のこと。
アメリカ・カリフォルニア州、デートコース・通称「恋人の道」で、17才の小年と16才少女の射殺死体が見つかった。
2人が襲われたと思われる数分後、たまたま通りかかった車が倒れている2人を発見して、すぐに警察を呼んだが、警察が到着した時には2人はすでに死亡していたという。
2人とも何も盗られた様子もなく、犯人の動機は全くの不明だった。

その約半年後の1969年7月4日、この現場からわりと近い位置にある、公園で23時過ぎ一組のカップルが車の中で話をしていた。
マイケル・ルノー・マゴー(男性 = 19)と、ダーリーン・エリザベス・フェリン(女性 = 23)の2人である。
突然、一台の車が近づいて来て、2人の車の横に停車した。車のすぐ横に立った男は銃を取り出し、いきなり2人めがけて発砲した。

弾丸は女性に2発、男性の首に1発命中した。銃を撃った男はすぐに自分の車に乗り込み、猛スピードで逃げていったという。男が逃げた後、マイケルは何とか車から這い出したが、そこで意識を失って倒れた。

犯行翌日に犯人からの電話

▲目撃者の証言をもとに描かれたゾディアックの似顔絵


2件目の事件の翌日、7月5日の午前0時4分にヴァレイホ警察署にある男から電話がかかってきた。男の声は低いドラ声で、一方的にしゃべって電話を切ったという。

その内容は、2つの殺人をしたこと、指定した場所の茶色の車の中に2人の死体があること、その半年前の殺人も自分だということだった。
すぐに警官が言われた場所へ駆けつけると、男が言った通り、2人の人間が撃たれてぐったりしていた。女性の方はすでに死亡していたが、男性の方はまだ息があった。すぐに病院に運ばれて男性は何とか一命を取りとめた。

後のマイケルの証言によると犯人は「太っていて、背は高くも低くもない程度、丸顔で髪はちぢれている、年齢は25歳から30歳くらい」ということだった。

「ゾディアック」からの手紙が届く


公園の事件から4週間後、ヴァレイホの新聞社に今度は1通の手紙が届いた。

手紙には汚い字で、犯人でなければ知らないようなことが多く書かれでおり、「○」の文字の中に「+」(十字)が書かれた、照準器のようなサインがしてあった。

手紙の差し出し人は、自分を「ゾディアック」と名乗っていた。
手紙は犯人からのメッセージが書かれた紙以外に、暗号文が書かれた紙が同封してあった。

暗号文は3枚とも内容が違うもので、犯人からの手紙によれば、この3枚を組み合わせれば差し出し人が誰なのか分かると書かれてあった。
また、この手紙を1969年8月1日発売の3誌に載せなければ、車で走りまわって10人以上の人間を殺すだろうとも予告してあった。

ゾディアックの暗合


海軍の暗号解読の専門家を始めとして、色々な人間が暗号解読に挑んだが、思うような結果が得られなかった。しかし、最初の暗号(写真上)を、高校で歴史と経済を教えるドナルド・ジーン・ハーデンが妻の協力を得て解読する。

まず夫婦は、暗号の種類を分析した。
のちにそれが換字法と判断されることになる。3通の暗号文がどの順番であるかハーデンには不明だった。しかし、犯人は目印をつけていた。手紙に貼られていた切手の枚数が、「2枚」「3枚」「4枚」。これによって、手紙の順番が分かったというのだ。

暗合では55個の記号を使用しているが、各種の記号を混ぜていたため、単純な頻度だけを頼りの解読は困難だった。
そこで犯人の原文仮定法から、犯人の立場になり、言葉を推測しつつ解読していったのだという。

そして、最初の暗合が解読された。その内容が下記だ。



「俺は人殺しが好きだ。とても楽しいから、森でケモノを殺すよりも楽しい。
人間は一番危険な動物だ。殺人は俺にとっては最高のスリル。女の子とセックスするよりも楽しい。特にいいことは、俺が死んで楽園に生まれ変わった時、俺が殺した奴らはそろって俺の奴隷になるところだ。
俺の名前は言わない。言えばお前たちは、将来、俺が生まれ変わった世界のために、今やっている奴隷狩りを邪魔するか、やめさせようとするからだ。」

3誌は、暗号までは新聞に掲載したが、この世間に恐怖を与えるような脅迫文の部分までは掲載しなかった。

さらに2件の事件が起きる



脅迫状が新聞に掲載されてから約2ヶ月後、ベリエッサ湖畔で食事をとっていたカップルが謎の男に襲われた。

その男は、覆面をかぶっており、胸の部分には○に十字のマークが書かれてあった。
男は2人をナイフでめった刺しにして、彼らの乗って来た車に近づき、黒のマジックで、○に十字のマークと、自分が行った前の二件の殺人の日付を書いてから立ち去った。

警察署に電話があったのはそのすぐ後だったようだ。
いつもの声で、「また殺しを二件教えてやる。」と言って、相手の男はベリエッサ湖畔の場所を説明したという。
すぐに警官がそこへ駆けつけると、縛られて血まみれになった2人がいたという。女性はその後息を引き取ったが、男性のほうはなんとか一命をとりとめた。

その2週間後、今後はタクシー運転手がゾディアックの手にかかって射殺された。
タクシー運転手は、ほかの目撃者の証言から、褐色の髪でネガネをかけた太った男を乗せたのだという。

この事件の4日後、またも新聞社に犯人からの手紙が届いた。
「俺はゾディアックだ。タクシー運転手を殺したのは俺だ。
その気になれば、昨日俺を逮捕出来たのに残念だったな。」
このタクシー運転手の事件では2人の目撃者がおり、その2人に協力してもらってモンタージュ写真が作成された。

犯人がテレビ出演を果たす



タクシー運転手殺しの10日後、警察署にゾディアックから電話がかかってきた。

「自首することにした。」 ゾディアックの声だった。

しかし、自首するためには条件があるという。それが”有名な弁護士をつけること”と、”当時の人気番組であった朝のテレビのトークショーに電話出演させる”ということだった。
警察側はこれらの条件を呑み、準備を始め、スタジオには3人の人物が招かれた。実際にゾディアックの声を聞いたことのある、2番めの事件の被害者の男性と、2人の電話交換手だ。

番組が開始してからしばらくすると、本当にスタジオに電話がかかってきた。
電話の相手はゾディアックだと名乗った。しかしその声は、か細い小年のような声であり、3人は「これはゾディアック本人ではない。」と断言した。




わずかな会話の後、電話が切れたが、またかかってくる、の繰り返しで、合計15回もその男は電話をかけてきたという。
しかしその内容は、「去年12月に人を殺してからずっと頭痛に悩まされている・・。」「今も頭がガンガンするようだ・・。」と、苦しそうな声で告げるだけだった。声もまったくの別人と思えるような声だった。

スタジオには有名弁護士も来ており、自首を勧めたが、男は承知しなかった。しかし何とか2人で会う約束はとりつけた。
後日、警察はゾディアック本人ではないとの判断を下したが、弁護士はその約束の場に赴いた。しかし、約束はすっぽかされ、結局誰も来なかったという。

助けを求める手紙が届く



会う約束を破られはしたが、その後、弁護士は一通の手紙を受け取った。

自分が本人である証拠として、封筒の中には、タクシー運転手殺害の時の血まみれのシャツの切れ端が同封してあったという。
この手紙には、助けを求めているような内容が書かれていた。手紙のスペルはめちゃくちゃで、ひどい精神状態を伺わせた。


「俺は自分から助けを求めることが出来ない。俺の中のもう一人のあいつがそうさせてくれないからだ。
だんだん自分にブレーキをかけられなくなっているのが分かる。そのうちブレーキが壊れて、9人目、10人目を殺してしまいそうだ。助けてくれ。」

その後もゾディアックからの手紙は警察に7年間も届くことになる。しかし、その間もゾディアックは逮捕されずに逃走を続けていた。

途絶えた手紙

▲テレビ電話出演後に送られてきた手紙

1974年に送られてきた手紙には「37人殺した」と書かれてあったという。
そしてこの手紙を最後に、ゾディアックからの連絡は途絶えた。

1975年、ある保安官が、州法務長官の事務所に記録の残っている殺人事件をコンピュータで分析してみたところ、西部5州で起こった事件の中で、40件ほど”同一の犯人による可能性が高い”という結果が出たという。
それはゾディアックが事件を起こしていた範囲でもあり、手口も彼の手口によく似ているという。
もちろん確証はないが、これはゾディアックの最後の手紙に書かれていた37人という数字に極めて近い。

ゾディアックからの手紙が途絶えたのは、彼自身に何かあったのか、すでにこの世にいなくなったのか、あるいは殺人を続けながらも単に手紙を書かなくなっただけなのかは分からない。

今もFBIはゾディアックの捜索を続けているという。

暗合解読は果たされたのか


ゾディアックが送ってきた暗合は2つあったのだという。

1つ目の暗合は前述のとおり、高校教師の夫妻によって解読されているが、2番目の暗合は1969年11月8日に、タースキー刑事に送られてきた340もの記号を使った暗号文(写真上)だった。この暗合には、直接犯人の身元につながる情報が隠されていると目されていた。



2番目の暗合に関しては、いまだに公式には解読がされていないと言われているが、アメリカのノンフィクション作家ロバート・グレイスミスが「解読に成功した」としてある説を提唱している。

彼は、69年、当時25歳のとき、クロニクル紙宛にゾディアックからの手紙が届いた現場に居合わせ、それから次第にゾディアックの虜になったというある意味では事件の関係者とも言える。

近年では有力が容疑者とされている人物が何人かいるが、FBIはいまだにこの事件の真犯人については捜査中ということになっている。

果たして、ゾディアックの正体、リッキー・マコーミック事件の犯人とは?
暗合解読ができた人は今スグにFBIに連絡を。



Cryptanalysis and Racketeering Records Unit

2501 Investigation Parkway

Quantico, VA 22135




参照元:ゾディアック事件ゾディアック事件リッキー・マコーミック

Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム