突然世界的ミステリーの女王が失踪をした日~アガサ・クリスティの謎の11日間とは? | 謎カレンダー

突然世界的ミステリーの女王が失踪をした日~アガサ・クリスティの謎の11日間とは?

12月3日
発表された推理小説は世界的なベストセラーとなり、名探偵ポワロやミス・マープルなどを生み出した「ミステリーの女王」アガサ・クリスティ。
そのアガサ・クリスティ(当時36歳)が1926年12月3日、自宅をでたまま行方不明となった。これが推理小説の歴史に名を残す大事件、すなわち” Agatha Eleven Missing(アガサ・クリスティ11日間の失踪)” である。







■アガサ・クリスティ失踪事件の始まり




1926年12月3日(金)の夜、アガサ・クリスティの秘書でもあったシャーロットが、ダンスパーティーからスタイルズ荘に帰宅した。
すると夜遅くだというのにメイド達が台所でおろおろしている。聞けばアガサが21時45分頃、行き先も告げず車で出かけたのだという。

当時、アガサ・クリスティは作家として売り出し中であり、同年に発表した『アクロイド殺し』の売れ行きが非常に好調で人気作家の仲間入りをしようとしていた時期だった。

一方、夫の元空軍大佐アーチボルド・クリスティ(通称アーチー・写真)は、軍務を退いてビジネスの世界に転身したものの、思うような成果を上げられず、妻と自分を比較して自尊心を傷つけられる日々を送っていたという。
そんななか、夫は地元ゴルフクラブでナンシー・ニールという10歳年下の女性に出会い、すっかり心を奪われてしまう。夫婦は危機に陥っていた。

シャーロットはこの家の不和について熟知していた。嫌な予感がした彼女はメイド達を下がらせ、自分は寝ずにアガサの帰りを待つことに決める。だが、アガサがその晩帰ってくることはなかった。

■車が発見される


12月4日(土)朝8時過ぎ、サリー州ギルフォードの郊外の小道の脇で、フレデリック・ドアという自動車検査係の男が、斜面を滑り落ちて草むらに突っ込んでいるアガサの車を発見した。(現場の写真)

車内には運転していた筈のアガサの姿は無く、代わりに毛皮のコート、スーツケース、そして彼女の運転免許証が残されていた。
11時頃には警察本部に事故の一報が入り、本格的な捜索が開始される。翌5日には大捜索が行われ、同日夜にはアガサの失踪を知らせる広告が新聞に大々的に掲載された。

■夫が妻を殺したのか?



「ミステリー界の女王」の失踪の報道は、やがて過熱していく。(写真・当時の新聞)

まず最初に疑われたのは夫だった。
捜査と平行してアガサの家族への聞き込みが行われ、当時のクリスティ夫妻の緊迫した関係が白日の下に晒された。

気鋭の女流作家の失踪と、その夫の浮気というスキャンダルは、ネタに飢えていたマスコミにとって格好の標的となる。肝心のアガサが失踪しているため、マスコミの矛先は必然的に夫のアーチーに向けられた。

報道が過熱し不確かな言説が乱れ飛ぶ一方、捜査は思うように進まず、12月12日のおよそ1,500人以上を動員した大捜索も空振りに終わる。このまま事件は迷宮入りするかと思われた。


■あっけない幕切れと謎の11日間


失踪から11日後の12月14日、あっけなく事件は解決する。
ヨークシャーのハロゲート・ハイドロパシック・ホテル(写真)から、滞在中のテレサ・ニールと名乗る女性客がアガサらしいとの一報が入ったのである。

警察とアーチー、そしてどこからか情報を嗅ぎつけた新聞記者達はホテルに急行、アーチーが新聞の陰から遠目で件の女性を視認すると、まぎれもなくアガサその人であった。

夫妻は2人だけで会話を交わし、そそくさとホテルの部屋に引き上げた。そして翌日には人目を避けるように家に逃げ帰り、門は固く閉ざされた。その後、アーチーは記者団の代表者1名に、次のような声明を発表した。

「彼女は完全に記憶を失っており、自分が誰であるかもわからない状態です。私のこともわからない様子ですし、何故ハロゲートに来ているのかということすらわかっていないのです……」

■突然の失踪の原因とは?


その後、二人は離婚し,やがてアガサは考古学者のマックス・マローワンと再婚。
しかし、アガサは生涯この失踪事件の真実を口にしなかった。
1965年に発表した自伝においても、事件について全く触れないという徹底振りである。

この失踪に関しては、いくつかの説がある。本当に記憶喪失になっていた、という説と、義妹であり親友であった女性と一緒に夫をこらしめるために共謀したという計画説など、現在もその真相は謎に包まれたままだ。

いずれにしても真相は?

Next Post前のナゾへ Previous Post次のナゾへ ホーム